SSブログ
前の5件 | -

仲良しこよし [ねこ]

IMG_3151.jpg

二階の「こた」が遊びに来ると
すっかり打ち解けてしまいました。

ココをクリック。「動画です。」一緒に窓の外のマルハナバチに見入ってます。

逃避行記録。
ここから、二階へのドアだったはずが戸外へ
IMG_3076.jpg

心配して探してくれた長男が家の裏で目撃
IMG_3073.jpg

平穏な日々。
IMG_3161.jpg
IMG_3160.jpg

でも、あれから
外気の入る窓辺で鳴くことしきり
自由に行き来できたらいいんだけどね。
そうもいかないか。
そんな時代が早く来てほしい。
nice!(17)  コメント(12) 

もう7月になってしまった。 [心]

IMG_2958.jpgIMG_2957(1).jpg
(写真は、傷んだ備蓄野菜を庭の端に埋めたら盛大に育った人参とジャガイモ)

「夏至」が好きだ、と言いかけているうちに
もう、すっかり夏の様子。
明日は、父が36歳で早逝してから60年。
猛烈に暑い昼下がりお見舞いに行ったその深夜日付の変わったころに永い眠りについた。
自分は小学三年生だった。
わがままな次男で、亡き母にも、兄にも苦労をかけた。
そして奇しくも同じ日
わたしが身重の妻と生後10か月の長女を連れて納沙布岬に降り立って44年。
不安な心が移ったかのような海霧(がす)の濃い7月だった。

「夏至」という漢字も発音も好きだ。
そして夏が好きだった。

高校生のころから20歳超えても夏場は下駄で出歩いた。
登校も街歩きも、散歩の延長の藻岩山登山も、夜のススキノも
二日酔いの朝野球さえも下駄ばきだった。
1970年過ぎたあたり、ベルボトムの裾にへたくそな手作りの刺繍を入れて下駄ばき。
長身なのにさらに下駄、長髪。時々髭。
ずいぶん目立っていたに違いないが本人は「自然体」だと思っていた。

夏7月、
年代ごとに、いろんなことがあった。

「夏至」が過ぎてしまった。
今年は、この時期、コロナワクチンの1回目が完了。
後から思い起こすんだろうな。

IMG_2477(1).jpg
べにうつぎ
IMG_2959.jpg
アジサイ
IMG_2509.jpg
てっせん
IMG_2561.jpg
メキシコ万年草
先月からクルミの庭は少しづつだが賑やかしい。

出来事メモ:夕方、ねこのカメちゃんが脱走した。しばらく裏の家々の庭を訪ね歩いてから無事帰ってきたが。気のもめた時間だった。







nice!(16)  コメント(8) 

人の一生 [人]

IMG_2566.jpg
(写真は友人のワイヤーアート作品とコップ挿しで花を咲かせたサクラランのコラボ)

小林亜星さんが
88歳で眠りにつかれましたね。

歌謡曲が終わっていきますね。
CMソングも。

阿久悠さん
なかにし礼さん
筒美京平さん

いなくなってしまいました。

やっとこさ
ワクチン接種券きました。
ファイザーの予定で近所のクリニックで予約取れそうです。
nice!(14)  コメント(3) 

小樽の住吉町「赤坂」が好き。 [街]

IMG_2211.jpg

好きな眺めです。
出船入船が見られます。

ずっと、眺めていたい。

もう一つ、
色内から見る「月見橋」もいい。
行き交う人や自動車が
とてもいい眺め。
36CF4DF1-AFE0-4F73-92E5-A0956BCFA19F.jpg

小樽は
若いころの静かだった小樽が好きです。
観光街は観光客に楽しんでもらいましょう。
都通りのビリヤード場も行ったな。
昔の「光」はよかったな。
西川ぱんじゅうもよく行った。
北一硝子も道の角の小さなお店だった。
大きなガラスツボを抱えて電車で帰ったこともあった。
東京からのヒッチハイクの終点は駅前広場の喫茶店だった。
小樽はいいな。
nice!(17)  コメント(14) 

5月の庭の小花たち [クルミの庭]

春爛漫のクルミの庭で
ほんの少しづつ、場合によっては一輪のみ
咲いてくれてる小花たちを探訪。
ツタバウンラン
IMG_1943.jpg

斑入りすみれ
IMG_2038.jpg

ヒメフウロ
IMG_2070.jpg

スズラン
IMG_2071.jpg

ツリガネスイセン
IMG_2164.jpg

カタバミ
IMG_2159.jpg

ヒメツルニチニチソウ
IMG_2103.jpg

多分、名前はあってるのではないかと思います。
ちいさいけれど、一つ一つ美しく着飾っています。
これらの花を見ていると
何を着ようか何を食べようかと
心配するのをやめなさいと言われたイエスの言葉を思います。
野の草木に服を与えてくださった方が
私たちの必要を知っていてくださる。
次の日の事を決して心配してはなりません。
次の日は次の日で心配することがあります。その日の問題はその日だけで十分です。

暗くなりがちなこの頃の日々。
慎重に
でも希望をもって夜明けを待ちましょう。
IMG_2149.jpg
朝4時を回ると北大の農場の向こうから陽が昇ります。

最後に、期待の大花。
7~8年待っていたオオウバユリではないかという葉っぱが出てきました。
だったらいいな。
IMG_2165.jpg
nice!(15)  コメント(8) 
前の5件 | -